2020年09月25日

既製柄を使ったうちわの作成を中止しました

9月も下旬になりうちわのご注文も少なくなってきています。
また、既製品ポリうちわと手貼り丸亀うちわの今年の制作を中止とさせていただきます。
その他のうちわについてはご注文を受け付けますが
工場にて常時貼加工は行っておりませんので、工程を組んでからの納期決定になります。
出来るだけ短納期にて対応させていただきますがご理解の程よろしくお願いします。
値段の方も10月よりシーズンオフの価格に変更させていただきます。
よろしくお願いします。
by おかぴー
posted by uchiwa at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月27日

梅雨入りしている香川県ですが雨が少ないです

今年の香川県の梅雨は降りそうで降らない日が続いています。
四国の香川県は昔から雨が少ないところです。
地形的に香川県は北には海(瀬戸内海)南には山(四国の山脈)に挟まれ
なぜか四国の中では雨量が少ないところです。
そのためか讃岐平野はため池が多く全国第3位だと思います。
この時期各地域の池から稲に水を与えるためにユル抜きをして田んぼへ水を送っています。
昔は水が貴重でして時計がないときは線香に火を入れて線香の火が消えることで
水の量を調整してみんなの田んぼが公平になるようにしたという話を聞きました。
このような地域に生まれ育ったものとして水のありがたさを子供たちに伝えていきたいと思います。
今年はコロナウイルスが人間に自然からのメッセージを送っているようにも思えますので
自然(コロナウイルス)とともに共生できる社会づくりを考えてみなくてはならないように思います。
by おかぴー
posted by uchiwa at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月02日

緊急事態制限が徐々に解除されています

コロナウイルスによる緊急事態制限が徐々に解除されていますが
うちわの発注はほとんどありません。
例年ですといろいろと忙しくなるのですが
今年は大変しずかな状況です。
四国地方も梅雨入りしたようで蒸し暑い日々がつづきます。
団扇の注文が少しでも多くあることを
梅雨空にお願いしたいと思います。
by おかぴー
posted by uchiwa at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月15日

ブログを再開しました。

例年でしたらこれからうちわの問い合わせや注文が急に増えていく頃ですが
今年は新型コロナウイルスの影響で静かな5月中旬を迎えています。
全国的にイベントやお祭りが中止になっております。
昨日、39都道府県には緊急事態宣言が解除になり少しずつではありますが
先行きに明るさが見られようとしています。
今年はうちわ業界は例年にない厳しい状況ですが
何とか乗り越えていきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いします。
by おかぴー
posted by uchiwa at 17:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月01日

G20サミットに伴うお届けの遅延等について

大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、大規模な交通規制が予想され、
2019年6月27日(木)〜2019年7月2日(火)頃まで、
関西地方がお届け先となる荷物に遅れが生じる可能性があります。

弊社からの出荷は通常通りさせていただきますが、
通常の配達日数ではお届けできない場合がございます。
又、上記日程のお届け日となる、大阪と、兵庫(*一部地域)の配達では
着日及び時間指定がお受けできなくなります。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが、
何卒ご理解、ご了承を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

詳細につきましては、
運送業者様のサイトにて、ご確認頂きますようお願い申し上げます。

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_190531_02.html
posted by uchiwa at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

もうすぐ節分

Twitterばかり更新してて、ブログ書かずに気が付いたら2月になってました!
こ、こんちわ、masaです。

明日は節分ですね。
昨年は豆まきをして豆を歳の数食べて、
翌日は立春朝搾りを買ってウキウキ過ごしたのを思い出しました。

今年は立春朝搾りを予約し忘れ、節分豆はこれから買うという感じであります、、、
柊の枝はおすそ分けで近所の方にいただいたので、今日は鰯と豆を買って帰らなきゃ。

せっかくの行事なので楽しまないとですね。それでは!

あ、Twitterの方もよろしければフォローお願いします。

うちわ工房
@shiota_uchiwa

by masa
posted by uchiwa at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月31日

香川の旬な〇〇 その5

今日の天気図を見て、ついに西高東低が現れてしまったかと悲しんでいます。
どうも、寒さが苦手なmasaです。( 一一)

寒くなると美味しいものも増えて嬉しいのですが、
如何せん私masaはあまり肉がついてないので耐性が全然ございません。

できるだけ免疫をつけるべく、よく食べるのはみかんです。
全国的にも有名なみかんの産地「愛媛」の隣に位置する香川でも、
多くのみかんを作っています。
なかでも私が好きなのは、早生品種の「小原紅早生」です。

今日はこれを取り上げていきましょう。

「小原紅早生」は香川県で発見された品種で、
昭和48年に瀬戸内海に面する五色連山(五色台)の麓にある小原さんの農家で作っていた「宮川早生」から枝が伸びる過程で性質が変異したものが見つかったのだそうです。
何本もの木からなるみかん農園で、たった1つ
だけなっていた真っ赤なみかん。農家さんも見つけたときは実際に大変驚かれたそうです。
この変異によってできるみかんは大抵尖った成長をしているものですが、
とても美味しくて商品価値のあるものが生まれたことは奇跡に近いと言われたそうです。

「小原紅早生」は実がとても赤く、濃厚な甘みがあります。
とても赤い。その見た目からは「金時みかん」とも呼ばれています。
選果時に外観・等級・糖度の厳しい基準により選抜され、手にする人が本当に喜ぶ
ものだけが厳選されて出荷されるそうです。

発見されたのは昭和48年ですが、種苗登録まで農業試験場で検査や栽培実験が行われること20余年。その苗木から甘い果実がなるまでには、さらに10年かかったそうです。


これからの季節が旬の香川の「小原紅早生」を見かけたら、是非ご賞味ください。
私も寒さの免疫の為にたくさん食べますので!!


by masa
posted by uchiwa at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月23日

うちわの季節

こんにちは!masaです。

ついに、うちわの季節がすぐそこまで!
応援に!イベントに!コンサートに!宣伝に!
私たちの工房には今年もとてもいろいろなデザインが入ってきています。
皆さんとても個性的で見てるだけで楽しいですね。

もう少しで楽しいと言ってられないほど忙しい時期に突入しますが
それまでに一度書きたかったのです。

皆様いつもありがとうございます!

そして、今年も「うちわ工房」をよろしくお願いします!!

by masa
posted by uchiwa at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月23日

香川の旬な〇〇 その4

こんにちは。masaです。

今年は4月からとても暑い日が続いていますね。

岩田神社(高松市飯田町)のが見頃を迎えています。
例年なら5月上旬でも少しは残るのですが、今年はずいぶん早そうです。
樹齢800年超と推定され、昭和46年に県の自然記念物に指定されています。
1本の幹から短辺18メートル、長辺24メートル
の広さで高さ約2メートルの藤棚から垂れ下がっており、
目いっぱいに枝を広げる姿からは「孔雀藤」の名称で親しまれています。
複数の木から成る大藤棚というのは結構ありますが、
1本の幹から、これだけの規模で、というのは全国的に見ても珍しいそうです。

恐らく見頃は4月いっぱいなのですが、5月3日までは「藤まつり」が開催されます。
藤まつりの期間中、藤棚の下では、
大江戸玉すだれ、お茶会、大正琴や二胡のコンサート
などが楽しめるそうです。

ますます暑そうな夏を前に、しばしの風流を嗜んでみてはいかがでしょうか。

by masa
posted by uchiwa at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月10日

紫外線

こんにちは、masaです

明後日4月12日は、四(よい)一(ひ)二(ふ)(良い皮膚)にかけて、
「子どもを紫外線から守る日」なんだそうです。全然知りませんでした

うちわ工房でも選択できる柄の1つに「UV骨」というものがあります。
UV骨.jpg
このうちわ骨は太陽光などの紫外線が当たると、
うちわ自体の色が不透明な白から赤紫色に変色し、
紫外線を遮断すると元の不透明な白に戻ります。
うちわの骨自体が変化するなんて面白い骨ですねー。

うちわ工房では様々な骨を用意しております。
一度、ラインナップを覗いてみてはいかがでしょうか?

うちわ骨のラインナップはこちらから!
https://www.uchiwa.cc/lineup/skeleton.php

by masa
posted by uchiwa at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

春だね〜

今年も絶賛ずびずば…

こんにちは、masaです。

明日からもう4月ですね。
窓から見える屋島にもところどころに桜色のところがあって
穏やかな日差しと共に窓辺で
まったりうとうと・・・したいけど仕事中・・・ハッ!

そうです、ありがたいことに今年も受注件数が増えてきております。
例年のごとく夏頃になると目が回るような忙しさが待っていることでしょう。

GW明けからは少しずつ注文が混み合ってくることが予想されます。
もしも、今年使う予定やうちわのデザインが決まっているなら、
早めの注文をお勧めします。するとmasaが喜びます

少し早いこの時期から検討を開始されてみてはいかがでしょうか。

by masa
posted by uchiwa at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月24日

香川の旬な〇〇 その3

朝晩は寒いですが、お昼はそこそこ暖かい日が増えてきましたね。
どうもスタッフのmasaです。

今回紹介するのは、「本州四国連絡橋」です。

瀬戸内海を挟んで本州と四国をつなぐルートは3本あります。
1. 広島県と愛媛県をつなぐ「しまなみ海道」
2. 岡山県と香川県をつなぐ「瀬戸大橋」
3. 兵庫県と徳島県をつなぐ「明石海峡大橋+大鳴門橋」

「しまなみ海道」にはサイクリングロードが併設されていて、
2013年にはミシュランガイドで1つ星に輝いています。
また、サイクリングイベントなどもたくさん開催されています。
3月31日までは通常500円掛かる自転車の通行が無料になっています。
レンタサイクルもあるので、興味がある方はこの機会に利用してみては?

次は淡路島の北東に掛かる「明石海峡大橋」。
世界最長の吊り橋としてギネスブックに掲載され続けています。
橋を吊るワイヤーを支える2本の主塔はなんと、日本の建造物では
東京スカイツリー、東京タワー、あべのハルカスに次ぐ第4位の高さを誇ります。
徳島県側の「大鳴門橋」では四国新幹線を通す計画や、
鳴門の渦潮を世界遺産にという動きもあるようでこちらも目が離せませんね。

さて、ようやく香川の旬な「瀬戸大橋」の話です。
昨年発表された日本の20世紀遺産20選でも上位に位置づけされました。
橋の下には電車が通っています。
高架部を含めると、鉄道道路併用橋としては世界最長です。

「瀬戸大橋」は今年開通から30周年
同年開通の青函トンネルとは同い年になります。
開通記念に開かれた瀬戸大橋博'88の時は小学生だったのですが、
地元なんで何回も連れて行ってもらいました。
各企業パビリオンを歩いて回り、記念硬貨を買って貰ったのを覚えています。
つまりあれから30年。そりゃ年もとりますね(遠い目)

今年は30周年を記念したイベントが予定されています。
岡山県側では4月7・8日に募集定員4,200人のオープンデッキバスが運行されます。
スポーツの優勝パレードで使われる屋根のないバスで橋を真下から見れるそうです。
香川県側は4月7日の夜、西日本最大級15,000発の花火が洋上から打ち上がります。
春の花火って結構いいですよね。クルーズ船も出航されて楽しそうです。

どちらの会場でもSTU48などの音楽ライブパフォーマンスも見られるそうです。
また、渡る途中の与島でも音楽・お笑いイベントが予定されているみたいです。
(シャンプーハットの2人も来るそうで、その為だけに行こうか悩み中です。)

いろいろ目白押しの「本州四国連絡橋」
人ごみが苦手なmasaは花火をゆったり見れる穴場を探してみようかな。

by masa
posted by uchiwa at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

冬来たりなば春遠からじ

こんにちは、masaです。

もうすぐ立春ですね。
「立春」って言葉はなんか暖かそうな文字のイメージですが、
なんせ2月の頭ですから立春という時期とは実は寒さの頂点なのです。
旧暦ではこの立春がお正月で、「春」はめでたい方の意味です。
この立春を過ぎたら、徐々に三寒四温で1週間ごとに暖かくなると言われます。
うちわのシーズンがまたやってくるんですね。

立春と言えば、masa的には楽しみなのは「立春朝搾り」。
1年でも最も寒い日に出荷する朝詰めの日本酒のことです。
納期はジャスト2月4日の朝と決まっているので、仕上りは早くても遅くてもダメ。
この日、この時間に向けてお酒を仕込む必要があります。
そのせいで別名「杜氏泣かせの酒」とも呼ばれるんです。
節分の夜から地域の酒屋さんや近所の人が酒蔵に集まって、
夜通しもろみを搾り、朝搾りきった出来立てのお酒を瓶にみんなで詰め、
ラベルを自分達で貼って、必要な分だけ持ち帰ります。
徹夜からの重労働、みんなに行き届いたらようやく休めると大変そうですが
昔は元日ということで、このお酒で皆1年の幕開けを祝ったのでしょうね。

平成30年戊戌の立春朝搾りは全国43酒造で造られます。
masaは3本ゲットの予定です(*^_^*)

今年も頑張ろっと。

by masa
posted by uchiwa at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月05日

2018年も宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます!
スタッフのmasaです。

masaは元日から初詣へ行きました。
今年の行き先は源平の合戦でも名前が出てくる屋島の山上、屋島寺。
願いを込めつつ、えいやっ!と引いたおみくじはなんと大吉
今年もいいことがありそうです。

皆様はどのようにお正月を過ごされましたか?

「うちわ工房」は、今日から新たな1年がスタート!
本年も「うちわ工房」を、どうぞよろしくお願いいたします!
posted by uchiwa at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月06日

大雪

こんにちは、masaです。

明日12月7日から冬至の前日(21日)までは
二十四節気の1つ、「大雪(たいせつ)」です。

Wikipediaによると、
雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ。


つまり、要約するとアツアツの鍋や燗酒が恋しくなる頃というわけですね。←

昨日の高松市はずっと日差しはあったのですが、
なぜかずっと雨が降っていて、みぞれっぽいのも時折混じっていました。
夕方に雨が止むと猛烈に風が強くなり、冷たい風に耐えながら、
仕事終わりで帰るなり、さむさむさむさむ言いながらお風呂に入った記憶が蘇ります。

突然きたのですが、もう真冬なのですね。

今日は比較的暖かいですが、週間天気予報を見ると
金曜日は雨マーク、その先1週間はどんどん気温が下がるのが見えます。

香川は温暖な気候で積雪は3年に1度程度と、なかなか見られないのですが、
やっぱり今年も雪が舞っているのはすぐ見れそうかな?って感じです。
私もくまさんのように沢山の食料のある暖かい穴に入りたいところですが
ありがたいことにぼちぼちとうちわのご注文も頂いてますので、
年末に向けて年越しの準備や大掃除をしつつがんばる、ですね。

by masa
posted by uchiwa at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月09日

香川の旬な〇〇 その2

どうもmasaです。


今回はネタに困った際の旬を紹介するコーナーの第2回。
今回は昨日食べたさぬきゴールド(ゴールドキウイ)について書こうと思います。

さぬきゴールドの旬は10〜11月。 なんと今ですよ!(よかった
2004年から登場した品種で、リンゴのような大きさと鮮やかに黄金色に輝く果肉が特徴。
酸味はほとんどなく、国産キウイとは思えないほど高糖度なので果てしなく甘いです。
この品種は通常でも180g程度と大きいけれど、
香川のベテラン農家さんが育てた高いものは、主に220g以上で出荷されます。
大きな実に育てるためには、芽・蕾・実を間引くのですが
そこではなんと、1枝に30以上つく実を3個まで間引くのだそうです。
ビックリですね!

キウイはビタミンC、ビタミンE、カルシウム、カリウム、食物繊維などの栄養素が豊富で
中でもビタミンCは、ずば抜けて多いんです。
ビタミンCには、病気から体を守る免疫を作ったり、アルコールなどの解毒作用、
代謝を高める効果などもあるとされています。
一般的にレモン1個分の果汁は18mg。通常キウイは59mg。
さぬきゴールドにはさらにその約3倍ほど含まれてるんだとか。

1個で大人3人分の1日に必要な摂取量を賄える計算になりますねー。

私は半分に切ってスプーンですくって食べるのが好きです。
実が大きいので、グレープフルーツ並に食べごたえばっちりなんです。
冷やして食べる以外にもお肉の下ごしらえとして使えば、
安いお肉でもいいお肉の食感に仕上げることも可能なんだって。

キウイの熟した目安としては縦に押してみて少し沈む程度が食べ頃。
自分の鼻の頭と同じくらいがいいのだそうですよ。
⇒ 早く食べたいのに熟し足りない場合、りんごかバナナと一緒にポリ袋に入れておくといいです。
その際、果物は枝から切った後も呼吸をしているのでいくつか穴を開けておきましょう。
スパッと切ったときの輝きを思い出して、また食べたくなりました!

今が旬の「さぬきゴールド」、是非チェックされてみてはいかがでしょうか。


by masa
posted by uchiwa at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月21日

霜降

全国的に雨が続きますね。
こんにちは、masaです。
ここ10日間の日照時間は高松でも1時間程度だったそうです。
なにやら大きい台風も近づいてきていて怖いですね・・・


10月23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」しもふりと読みがちですね^^;
冬に向けて地面に霜が降り、草木の色が変わる紅葉が始まります。
かえでの紅葉は、気象庁が春のさくらと同じように標準木を決めて観測しています。
今年も平年並みで、13日には釧路、15日は旭川、昨日は帯広で紅葉日が確定しています。
順調に算出すると香川では来月の中旬頃でしょうか。紅葉狩りが楽しみですね。
私は今年は香川でも西のほう、徳島との県境にある美霞洞温泉周辺で
清流を眺めながら散策できるコースがあるので行く計画をしています。

この時期に食べるとよいとされる食べ物はさつまいも
車で回ってくるおいも屋さんの「ピー!」って音が好きなんです。
あの音を聞くと「うわぁ、焼いも食べたい!」って気分にならないですか?
香川は徳島とお隣なので、都会では高級イメージの鳴門金時も結構簡単に手に入ります。
鳴門に比べるとあまり有名ではないですが、「うちわ工房」がある高松市の西隣、
坂出市にも坂出金時という品種があって、鳴門金時に負けず劣らず甘いです。
いつも坂出駅前に出る屋台ですごく美味しいのが買えるんですよ!一度是非ご賞味を。

楽しみにしてた秋の味覚をいろいろ堪能中です。
先週は松茸うどんに松茸おにぎりをつけて大満足で帰ってきました。
産直で買ってきた栗を蒸したり、ハマチの照り焼きをしたり・・・
もちろんひやおろしも欠かせません。いつの間にやら空の瓶がどんどん増えてきました。
本当に食欲の秋真っ盛りといったところですね♪♪♪

皆さんのところではどうですか?


by masa
posted by uchiwa at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月26日

香川の旬な〇〇 その1

こんにちは、masaです。

たまに香川の旬な食べ物や行事などを紹介していけたらいいなと思っています。
なので書くぞー!という意志も込めて、今回はその1にしてみました。
それでは、早速いってみましょう。

香川の食べ物と言えば?と県外の人に聞くと、
うどん!骨付き鳥!えーと、オリーブオイルとか?と言われます。
この微妙に認知度が有るような無いようなのを取り上げたいと思います。
なので今回のテーマはオリーブです。

オリーブは木に生る農作物で、品種ごとに収穫時期も変わります。
国内産オリーブオイルと言えば小豆島を思い浮かべる人が多いと思います。
国内でのオリーブの農家栽培は香川県と岡山県のみ。
なんと狭い香川ですが約95%のシェアが占めています。

オリーブの木を育てるためには以下の条件が揃う場所が必要なのです。
  @気候が温暖
  A年間の日照時間が長い
  B雨が少ない

@Aの条件が揃うのは地中海性気候の瀬戸内海沿岸地域。
そしてBが絡むと、この2県だけになります。
南にある四国山地のおかげで、台風が来ても雨がほとんど降らないこともあるほど。
桃やマスカットと生育条件がほぼ同じなので、岡山はそっちが有名ですよね。
香川県内では小豆島だけでなく他の島々や四国本土側でも作られています。

さて、平成29年度の新物として今週から収穫が始まっています。
この時期に収穫されるのは早生品種。マンザニロ、ネバディロブロンコ、ルッカなど。
中でもこの時期、小豆島で主に収穫されているのはマンザニロです。
マンザニロは2cm↑の大型品種で含油率が少なめ、ピクルス(漬物)によく用いられます。
香川県の秋の味覚として、新漬オリーブを是非一度試してみて下さい。
お酒のアテにもいいんですよー!とっても楽しみにしています。

同じくこの時期しか食べられないものとして緑色をした早摘みオリーブオイルもあります。
是非一度、若いオリーブオイルヌーヴォーの苦みと酸味を味わってみて下さい。

by masa
posted by uchiwa at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月22日

秋分

こんにちは!masaです。

明日9月23日は秋分の日
「秋分」では、ほぼ昼夜の長さが同じになるので有名ですが、
春分の日、秋分の日のように天文学に基づいて
国民の祝日を定めている国は世界的に見ても珍しいそうです。

前後3日間を含めて7日間がお彼岸、秋分の日は秋のお彼岸の中日です。
秋分の日は祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日として祝日に定められています。

私masaも今週末はお墓参りに行く予定でして。
秋のお彼岸のお墓参りといえば、定番の供物はおはぎ。
おはぎを頬張りうまいうま 仏壇やお墓に供えて、故人を偲びたいと思っています。

by masa
posted by uchiwa at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月07日

白露

こんにちは!masaです。

本日9月7日は二十四節気の一つ「白露」です。
中秋の名月という言葉がありますが、空は夏から秋にかけて高く澄んでいきますので
その夜空に浮かぶ月もまたくっきりと見えやすい澄んだ光を作りだすのでしょうか。
俳句の世界でも「秋空」は季語で、空が高く澄んでいる様子を表すのに用いるようです。

さて白露という言葉、「白」でなんとなく雪を想像しがちですが、
二十四節気の考え方が伝わってきた中国では「白」はどうやら秋の色らしいのです。
白露の頃には昼夜の寒暖差が激しくなり、夜中にグッと冷えることで
早朝、草や木の葉の周りなどに丸い露が付いてるのが見られます。
(規則正しく付いているので、なかなか綺麗です。)
その露が朝の光に照らされて白く見えることからこの名が当てられたようです。
なんとなく想像するだけでクールダウンしてきますね。
早起きしてそういう光景が見られたら、なんとなく頭がスッキリしそうですね。

日本では食料となる虫が増えてくる春先に
南から飛来してきたツバメなどの渡り鳥が、この頃にまた南へ帰っていきます。
9月中旬〜10月半ば頃、沖縄県では南に飛び立つ大群があちこちに見られるそうで
亜熱帯気候で四季を感じにくいけれど、秋の風物詩なのだと聞いたことがあります。
9月、10月はカレンダー上で連休がいくつかあるので
いつかそれを見に行けたらいいなと思うのですが、重い腰はなかなか上がらないもので。

今年もやはり想像して終わりになりそうです。

by masa
posted by uchiwa at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記