2017年09月07日

白露

こんにちは!masaです。

本日9月7日は二十四節気の一つ「白露」です。
中秋の名月という言葉がありますが、空は夏から秋にかけて高く澄んでいきますので
その夜空に浮かぶ月もまたくっきりと見えやすい澄んだ光を作りだすのでしょうか。
俳句の世界でも「秋空」は季語で、空が高く澄んでいる様子を表すのに用いるようです。

さて白露という言葉、「白」でなんとなく雪を想像しがちですが、
二十四節気の考え方が伝わってきた中国では「白」はどうやら秋の色らしいのです。
白露の頃には昼夜の寒暖差が激しくなり、夜中にグッと冷えることで
早朝、草や木の葉の周りなどに丸い露が付いてるのが見られます。
(規則正しく付いているので、なかなか綺麗です。)
その露が朝の光に照らされて白く見えることからこの名が当てられたようです。
なんとなく想像するだけでクールダウンしてきますね。
早起きしてそういう光景が見られたら、なんとなく頭がスッキリしそうですね。

日本では食料となる虫が増えてくる春先に
南から飛来してきたツバメなどの渡り鳥が、この頃にまた南へ帰っていきます。
9月中旬〜10月半ば頃、沖縄県では南に飛び立つ大群があちこちに見られるそうで
亜熱帯気候で四季を感じにくいけれど、秋の風物詩なのだと聞いたことがあります。
9月、10月はカレンダー上で連休がいくつかあるので
いつかそれを見に行けたらいいなと思うのですが、重い腰はなかなか上がらないもので。

今年もやはり想像して終わりになりそうです。

by masa
posted by uchiwa at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック