2017年03月23日

防災

どもども!masaです。

今日は世界気象デーです。
世界気象機関(以下WMO)が世界気象機関条約を発効した1950年3月23日と定めました。

WMOでは、気象や気候変動、地球環境の観測・予測に貢献しているそうです。
WMOの事務局はスイス・ジュネーブに、その加盟国は世界183か国・6地域に亘っています。
日本は1953年に加盟しているそうです。

地球環境の変化とか漠然とした分野は、わたしたちの生活とは直接関係ないかもですが、
防災に関しては、とても身近で常に意識しておくべき分野かと思います。
近々起こる可能性の高い災害に備え、これを機に一度見直してみてはいかがでしょうか。

とりあえず災害用の非常持出袋には
是非是非、うちわを!


だって、暑かったらいやじゃないの。
それでは。


by masa
posted by uchiwa at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月18日

ずびずばな季節

ずびずば、masaです。

春に近づき、スギ花粉が猛威を振るっていますね。
うちわ工房の社内にも花粉症の人は何人か居まして。
斯く言うmasaも数年前に発症してから、年々ずびずば状態になってきています。

明日からは西日本を中心にPM2.5の飛散予報も出ていますし、
例年の黄砂も4月ピークでどんどん降り注ぐ予報、
どんどんみんなのずびずば状態が加速しそうで。

しかしこの季節を乗り切れば、いよいよが見えるはずです。
うちわの注文もだんだんと増えてきています。
さっさとずびずばから逃れる為にも、夏!待ってるよ!

by masa
posted by uchiwa at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月14日

3月14日

どうもmasaです。
今日は「ホワイトデー」ですね。
バレンタインデーもホワイトデーも貰ったり、渡したりと、
何かと社内でも話題になっていました。

2/14のふんどしの日もそうでしたが、
masa的に違った見方をするとすれば、3/14は「円周率の日」です。
(また、アインシュタインの誕生日にちなみ「数学の日」ともされています。)

私の勉強した時代の円周率といえば「3.14」
もしかしたら「ほぼ3」で習った人も居るかもしれませんね。

中学の時、数学の先生が言った語呂合わせで今でも覚えていて、
 3.14
 159265 (異国に向かう)  フムフム
 358979 (産後厄無く)   ほうほう
小数点以下14桁と中途半端だったので、覚えるのは20にしようと
 323846 (サニ沢史郎)   誰っ!!
てな具合で20桁までは空ですぐ言えます。

さあみんなも覚えよう、円周率。

円周率は式の中ではπ(パイ)で表されるので、
世界にはどうやらパイを使った行事で祝う人も居るそうですよ。


お菓子つながりで結局ホワイトデーに戻ってくるのでありました。

by masa
posted by uchiwa at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月10日

もうすぐ

こんにちは、masaです。

最近はお昼の気温もぐっと上がる日が増え、軽装で過ごすことも多くなりました。
暖かくなるともうすぐ桜が咲き始める頃なんて思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか。
夕方のニュースなどで桜の開花予報を見てワクワクしてる人も居るかもしれません。
私もその一人なんですよねー。今年もみんなでお花見(しながらの宴会)、楽しみです。

気象庁のHPでは様々な生物や植物の季節観測を実は公開しているんです。
例えば、私の住んでる香川県だと桜の開花より前に発表が来そうなのは、
もんしろちょうの初見日とつばめの初見日が近いかもですね。

観測データ以外にも
身近な出来事で季節の訪れが分かることもあると思います。
たまには周りを見回してみるといい発見があるかもしれませんよ?


さて、これから暖かくなるとなると、やはりうちわが必要じゃないでしょうか!
そうです、必要です! ・・・必要ですよね?(小声

是非是非、皆様からのご注文お待ちしております!

by masa
posted by uchiwa at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月04日

啓蟄

どうもmasaです。
明日3月5日は二十四節気の3番目、啓蟄(けいちつ)に当たります。

はて?けいちつってナンジャラホイ?って思う人も多いと思います。
啓は「開く」、蟄は「虫が土の中で冬ごもりすること」という意味があり、
暖かくなってきて虫が活動を始めるような頃というわけです。

啓蟄の頃には「菰焼き」という風習がありました。
松の木に、冬前の時期にわらで作った敷物のような「菰(こも)を巻く」(冬囲い)ことで、
暖かい場所を好む松についた虫が、越冬の為に枝から菰の周辺に集まります。
本来はこの時期にこの菰を外し、菰ごと焼くことで害虫を一掃するのが目的でしたが
実はむしろ害虫を食べてくれる益虫を一掃してしまうという悲しい事実が判明し、
今は一部の地域でのみ、伝統行事としておこなうものしか見られなくなってしまいました。
お隣の県、岡山の後楽園では早春の風物詩として2月22日におこなったそうですが、
こういった経緯もあり、残念なことにこの行事が将来的には見られなくなるかもしれませんね。

by masa
posted by uchiwa at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月01日

もう3月かあ

月日の経つものは早いもので、この間年明けを祝ったばかりと思っていた2017年も、
もう2割ほど終わっちゃったな、なんて思う今日この頃。

どうもmasaです。

陰暦では3月の呼び名は弥生
弥生は、“いやおい”から変化したのだそうで、
「弥(ますます、いよいよ)生(草木が芽吹くこと)」という意味があります。
もちろん外の寒さを見る限り、ますます生い茂る?それってどうなの?とお思いでしょう。
確かに「3月」=「弥生」なのですが、陽暦とは少しずれているので、
現代だと4月上旬〜5月上旬に当たるようです。
「さくらさくら」の歌詞に弥生という言葉が出てくる理由はこの辺りにあります。

さくらと言えば、先日全国的な桜の開花予想が出ているのを見かけました。
その図での本土で一番早い開花予想は3/24の福岡。次いで3/25の高知、東京と続きます。
沖縄では2月中に既に満開となっているようでした。

香川でも3月末頃と言えば、もうお花見のシーズンとなります。
その辺りになると毎年問い合わせもだんだんと増えてきます。
もしも4月前後にうちわが必要でしたら、今頃からの注文をおすすめいたします。

うちわ工房では皆様からのご注文を、心よりお待ちいたしております。

by masa
posted by uchiwa at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

梅まつり

2月もあと1週間。早いですね。
どうもmasaです。

先週の日曜日、栗林公園の梅まつりへ行ってきました。
園内の梅林付近や抹茶がいただける茶屋の近くは
例年以上と思わせるほど、スゴイ人の数でした。

栗林公園の梅を使って、県内の酒造3社がいつも
「栗林公園の梅酒」として毎年、数量限定で(梅の個数に限りがあるので)
園内にある物産館などにて販売されています。
物産館に寄ると、28年産の梅酒の飲み比べをやっていたので、
ありがたく頂戴してきました♪うまいうまい。

今年の梅の実もまた、6月頃に収穫されて
秋の紅葉の頃には29年産が飲める状態に仕上がっていることでしょうね。
たくさんの人にワイワイガヤガヤと花を見てもらっていたので、
きっといい実ができて、いい梅酒になると思います。

是非是非香川のうちわで暑い夏を乗り切り、秋に香川の旨い酒を楽しんでください。

by masa
posted by uchiwa at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月18日

昨日は雨でした

おはようございます。どうもmasaです。

今日2月18日は24節期の一つ、雨水です。
これから暖かい春になっていく節目の時期です。
十二星座ですと、うお座の始まりの日です。こちらも水と関係があるのかな?
最近はなじみが薄いですが、旧正月の頃に当たります。

雨水についてWikipediaで調べると、
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が解け始めるころ。
雪氷とけて雨水となればなり。
実際は積雪のピークであり、
それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。
春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。
昔から農耕の準備を始める目安とされてきた。
とありました。

私的には鍋やおでんなど、いろいろな食材を温かい状態で食べる時期から
個性のある食材を、一品ずつ、春をいただく準備期間と言ったところでしょうか。
春キャベツや筍に山菜などをつまみながらお酒を飲むのが今から楽しみなのです♪

また、雨水はおひなさまを飾り始めるのにもいい日。と言われています。
雛飾りは健やかに幸せに育って欲しいと願って、主に女の子のいる家庭に飾ります。
一説によると、雨水の時期に飾ると将来良縁に恵まれるとか。
水は生命の源であり、母であると昔から考えられていたようですね。
もし、雛飾りを飾る時期に迷っているなら、この機に今日出されてみてはいかがでしょうか。

by masa
posted by uchiwa at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月13日

明日は2月14日

masaです。

突然ですが、明日何の日かわかりますか?

そう、みんなウキウキ「ふんどしの日」です。
毎年2月14日にはベストフンドシスト賞というのが毎年発表されており、
昨年度はとにかく明るい安村さんが、
その前はサンプラザ中野さんが大賞を取っていました。
優秀賞だと女性の姿も毎回あるんですよ。
さあ今年は誰の腰回りに、
いや頭上に栄冠が輝くのか、とても楽しみですね。

3/2追記
残念ながら、今年のフンドシストはどうやら発表がなかったようです。

by masa
posted by uchiwa at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月06日

まだまだ寒いですね。

立春過ぎて残る寒さのことを春寒といって
2月に手紙を書く際や俳句の季語としても使えるそうです。
いつも通る道に掲がっている旗もスゴイ勢いではためいてて今朝めっちゃ寒かったです…。

どうも、masaです。

前の日記で書いたとおり、2月4日に立春を迎えました。
立春といえば、楽しみにしていた立春朝搾り♪ はい、またお酒の話です。

「立春朝搾り」は名前の通り、立春に搾りたての生原酒をその日のうちに出荷する。
出来たての新酒を飲んで春の訪れを祝うというものです。
普通の日本酒は、良い頃合いを見て出荷するのですが
このお酒は飲んでもらう日が決まってて、その日に向けて最高のお酒を造る必要があるので
大吟醸よりも神経を使うと、杜氏さん泣かせのお酒なのです。

節分の夜から一晩中もろみを搾り続けるので、節分〜当日はとにかく大変なんだそうな。
地域の酒屋が集まって、泊まり込みでラベル貼りや瓶詰めなどの作業を手伝いに行きます。
そして、近隣の神社でお祓い(立春朝搾りに関わるすべての人の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願)をしてもらったら予約分のお酒を蔵から運び出し、飲む人の手へと渡します。

28BY(2017年)では、北は北海道から南は九州まで全国40もの酒蔵が参加したそうです。
立春限定なので、当然、次回は来年になりますが、
近隣地域限定のこのおいしいお酒を一度買われてみてはいかがでしょうか?
目安として年明けくらいには予約が終了してしまう所が多いので
詳しくは近くの酒屋さんに問い合わせしてみて下さい。

あ、うちわもできれば一緒にお願いしますね。

by masa
posted by uchiwa at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記